5.4.1. rule フロー・オブジェクト・クラスのまとめ

  • rule の描画方向は垂直・水平のいずれか
  • orientation: の指定値はフロー・オブジェクトが表示領域になるかインライン領域になるかによって異なる

 以下、rule フロー・オブジェクト・クラスの特質について表5.2にまとめます。

表 5.2 rule フロー・オブジェクト・クラス 特質一覧
名称 引数 説明
orientation: horizontal, vertical, escapement, line-progression のいずれかのシンボル 罫線の描画方向指定。フロー・オブジェクトが表示領域の場合 horizontal/vertical が、インライン領域の場合 escapement、line-progression が有効。初期値なし(指定の必要あり)
length: length-spec 罫線の長さ
color: color 罫線の色指定。初期値は色空間 Device Gray のデフォルト色
layer: integer 配置レイヤ指定
line-cap: butt, round, square のいずれかのシンボル 罫線先端の形状指定。初期値 butt
line-dash: length-spec を要素とするリスト 破線パターンの指定。初期値 (0pt)
line-thickness: length-unit 罫線の太さ。初期値 1pt
line-repeat: integer (> 0) 平行線の本数。初期値 1
line-sep: length-spec 平行線の間隔。初期値 1pt
position-point-shift: length-spec 行送り方向における描画位置のシフト指定。フロー・オブジェクトがインライン領域の場合に有効。初期値 0pt
display-alignment: start, end, center, inside, outside のいずれかのシンボル 領域の揃え位置指定。フロー・オブジェクトが表示領域の場合に有効。初期値 start
start-indent: length-spec 行末位置インデント指定。フロー・オブジェクトが表示領域の場合に有効。初期値 0pt
end-indent: length-spec 行末位置インデント指定。フロー・オブジェクトが表示領域の場合に有効。初期値 0pt
writing-mode: left-to-right, right-to-left, top-to-bottom のいずれかのシンボル 字送り方向指定。フロー・オブジェクトが表示領域の場合に有効。初期値 left-to-right
space-before: display-space before 方向に挿入する空白指定。フロー・オブジェクトが表示領域の場合に有効。初期値は空白の挿入なし
space-after: display-space after 方向に挿入する空白指定。フロー・オブジェクトが表示領域の場合に有効。初期値は空白の挿入なし

<<prev      next>>